酔雲庵

侠客国定忠次一代記

国定忠次外伝・嗚呼美女六斬

井野酔雲

創作ノート





三ツ木の文蔵の略歴



1809 三ツ木村の貧しい農家に生まれる。 1歳
1816 妹、やす生まれる。 8歳
1819 同村の気楽流を学ぶ者から剣術と手裏剣を習う。 11歳
1822 手裏剣を自力で工夫してものにする。 14歳
1823 百々村の紋次親分の三下奴になる。 15歳
1825 紋次親分の子分になる。無宿者になる。 17歳
・暇さえあれば喧嘩をしていて兄貴分の持て余し者となる。
1827 10月 国定村の忠次(18)、紋次の子分になる。 19歳
10 忠次と共に旅に出る。・賭博荒らしをして旅の資金を作る。
1828 3月 百々村に帰る。 20歳
・忠次と共に島村一家の賭場を荒らし回る。
木崎宿の女郎に惚れて通い詰める。
1830 8月 忠次(21)、紋次の跡目を継ぎ、文蔵は子分になる。 22歳
日光の円蔵、忠次の軍師になる。
1834 6月 世良田祇園の開帳賭博の時、伊三郎の代貸と喧嘩して殴られる。 26歳
7月2日 忠次と共に島村の伊三郎を殺す。
忠次と共に信州に逃げる。中野で賭場荒らしをする。
1835 7月 忠次と共に百々村に帰る。 27歳
8月 山王道の民五郎(26)、玉村の兄弟に殴られる。
八寸の才一(25)と新川の秀吉(21)を民五郎に付けて玉村を襲撃、弟の主馬に重傷を負わせる。
9月 妹のやす(20)、下中の清蔵と祝言を挙げる。
1836 1月 忠次の弟分、茅場の長兵衛、中野村の原七に殺される。 28歳
長兵衛の仇を打つため、信州に行くが原七は上総屋源七に捕まった後。
4月 忠次、田部井村に移り、国定一家を名乗る。
百々村は文蔵が預かる。
1837 3月 忠次、田部井村の沼の浚渫を行う。 29歳
1838 3月26日 世良田村の朝日屋の賭場に出掛けて、関東取締出役に捕まる 30歳
6月29日 文蔵、江戸伝馬町で斬首され、3日間さらされる。






国定村の清五郎の略歴



1810 松原清兵衛(28)の次男として生まれる。 1歳
1816 1月 養寿寺の寺子屋に入り、忠次と知り合う。 7歳
1819 1月 忠次と共に市場村の本間道場に通う。 10歳
1626 10 忠次、無宿者を殺して逃げる。 17歳
1827 3月 忠次、百々村の紋次郎の子分になる。 18歳
1830 5月 忠次、伊三郎の賭場を荒らして失敗、福田屋栄次郎に助けられる。 21歳
9月 忠次、百々村の紋次郎の跡目を継ぐ。忠次の弟分になる。
日光の円蔵、忠次の軍師となる。
1834 7月2日 忠次、島村の伊三郎を殺し、旅に出、留守を守る。 25歳
1835 7月 忠次、旅から帰る。 26歳
9月 足を洗って堅気になり、嫁を貰って機元屋を始める。
1837 3月 忠次、田部井村の沼浚いをする。 28歳
4月 長女、生まれる。
1838 3月 三ツ木の文蔵、捕まる。 29歳
1839 9月 長男、生まれる。 30歳
1841 12月 忠次の留守に山王道の民五郎、玉村の主馬に殺される。 32歳
1842 1月 忠次、旅から帰り、玉村に押しかけ主馬を殺す。 33歳
8月19日 田部井村の又八の賭場を襲撃される。
9月8日 下植木村の浅次郎、三室の勘助を殺す。忠次一家は旅に出る。
1845 忠次、旅から帰り、赤城山に隠れる。 36歳
1849 11月 忠次、境川の安五郎に跡目を譲る。 40歳
1850 8月24日 忠次と共に捕まり、遠島となる。 41歳






五目牛の千代松の略歴



1810 五目牛村の富農の菊地家の長男に生まれる。 1歳
1818 弟清七生まれる。 9歳
1820 1月 本間道場で忠次、清五郎と出会う。 11歳
1825 10月 忠次、お鶴を嫁に迎える。 16歳
1626 4月 三室村の勘助(27)の弟分になる。 17歳
10 忠次、無宿者を殺して逃げる。
1827 3月 忠次、百々村の紋次郎の子分になる。

18

5月 三室の勘助、嫁を貰い堅気になる。
1830 9月 忠次、百々村の紋次の跡目を継ぐ。忠次の弟分になる。 21歳
1833 嫁を貰う。 24歳
1834 7月2日 忠次、島村の伊三郎を殺して旅に出、留守を守る。 25歳
1835 5月 長男新蔵生まれる。 26歳
7月 忠次、旅から帰る。
1836 3月 お徳、月雇い奉公人になる。 27歳
1837 3月 忠次、田部井村の沼浚いをする。 28歳
1838 3月 三ツ木の文蔵、捕まる。 29歳
家督を弟清七(21)に譲り、妻を離縁する。新蔵(4)は妻と共に妻の実家へ行く。
1840 4月 お徳を妻に迎える。 31歳
1841 12 忠次の留守に山王道の民五郎、玉村の主馬に殺される。 32歳
1842 1月 忠次、旅から帰り、玉村に押しかけ主馬を殺す。 33歳
8月19日

田部井村の又八の賭場を襲撃される。

9月8日 下植木村の浅次郎、三室の勘助を殺す。忠次一家は旅に出る。
1845 5月 密かに五目牛村に帰って来た所を捕まる。 36歳
1846 2月19日 牢死する。 37歳





侠客国定忠次一代記の創作ノートの目次に戻る

嗚呼美女六斬の創作ノートの目次に戻る