酔雲庵

陰の流れ

井野酔雲




序章




 (かげ)の流れとは、愛洲移香斎(あいすいこうさい)から、上泉伊勢守(かみいずみいせのかみ)を経て、柳生一族へ伝わる剣術の流派の一つであるが、ただ、それだけではなく、戦国時代の乱世の歴史の裏側に流れる、大河のような流れであった。




目次に戻る      次の章に進む