酔雲庵


酔中花

井野酔雲





14




 山道を歩いている昭雄。

 行き止まりにぶつかり、首を傾げながら来た道を戻る。

 草に隠れた細い道を歩いている昭雄。

 辺りは暗くなりかけている。

 道がなくなり、目の前に崖が現れる。崖の下を覗く昭雄、仕方なく、来た道を戻る。

 夜になり、道もない森の中をさまよい歩く昭雄。

 目の前を白い人影が通り過ぎた。昭雄は後を追って人影に近づく。

 女である。白いギリシャ時代の着物のような物を着ている。

「ちょっと、すみません」と昭雄は声を掛けた。

 振り返る女。ラーラである。ラーラが昭雄をからかおうと人間の姿をした妖精に化けている。

「道に迷ってしまったんですけど、月見村はどちらでしょうか?」

 ラーラ、昭雄を上から下まで眺めてニコッと笑う。

「月見村はどちらか、ご存じありませんか?」

「あなた、人間?」とラーラはとぼけて聞いた。

「えっ?」

「人間なのね」

「ええ、人間ですけど、お化けにでも見えますか?」

「いいえ‥‥‥わたし、人間と話をするの、初めてなのよ」

「えっ? あなたは人間じゃないんですか?」

「ええ、わたしはこの山の精です」とラーラは白い服をなびかせて踊り出す。

 どこから、ともなく静かに音楽が流れて来て、二人の回りを妖精たちが踊りだした。昭雄には何も見えないし、ただ風の音しか聞こえない。

「からかわないで下さいよ。月見村はどっちです?」

「さあ?」とラーラは昭雄にウィンクをした。

「あなたは何してるんです、こんな所で?」

「散歩よ」

「今頃?」

「そうよ、今日はいい天気じゃない。綺麗な三日月が出てるわ」

 昭雄、三日月を見てからラーラの顔を見る。昭雄にはラーラの存在が理解できない。理解できないが彼女に興味がある。こんな夜、山の中を一人で散歩している女の人がいるわけがない。しかも、古代調の服を着て、自分は山の精だと言う。俺はキツネにでも化かされているんだろうか?

 ラーラは微笑を浮かべながら昭雄を見ていた。

「いつも、今頃、散歩してるわけ?」

「ええ、そうよ」

「月見村はどっちです?」

「知らないわ」

「あなたはこの山に古くからいるんでしょ?」

「そうね、そうかもしれないわ。でも、まだ、いないかもしれない」

「何言ってんです。あなたは気違いですか?」

「気違い? わたし、人間じゃないのよ」

「月見村は? 教えて下さいよ」

「月見村がどうしたの?」

「帰るんです」

「なぜ?」

「なぜって、そこに泊まるんです」

「なぜ?」

「別に理由なんてないですよ」

「それじゃあ、帰ったってしょうがないじゃない」

「あなたはどこに住んでるんです?」

「この山よ」

「山のどこ?」

「決まってないわ。どこでもいいのよ」

「なぜ?」

「理由はないわ」

「馬鹿な事、言ってないで教えて下さいよ。あなただって、これから家に帰って寝るんでしょう。僕はもう疲れてるんですよ。早く、宿に帰りたいんです」

「わたしには家なんてないわよ」

「それじゃあ、どこで寝るんです?」

「眠くなった所で寝るわ」

「へえ、毎日、野宿してるわけですか?」

「野宿? それが自然じゃないの? あなたはなぜ、帰る理由のない所にわざわざ帰らなければならないの? わたしには行く所はあるけど、帰る所なんてないわ」

「そういえばそうだけど‥‥‥」

「ところで、あなた、本当に人間なの?」

「さあね、人間である理由は別にないけど、やっぱり人間でしょう」

「不思議ね、あなたにはわたしが見えるのね?」

「見えますよ、頭の先から足まで‥‥‥でも、よく、そんな薄着で寒くないですね‥‥‥まさか、幽霊じゃないでしょう?」

「違うわ。幽霊は過去のもの。わたしは未来のものよ」

「未来?」

「あなたはきっと、わたしの先祖なのよ」

「よせやい、馬鹿馬鹿しい」

「それじゃあ、あなた、わたしの仲間が見える?」

「仲間?」

「ほら、あそこで踊っているでしょ」

「‥‥‥何もいないじゃないか」

「あなたの名前は?」

「自分から先に言えよ」

「わたしにはまだ名前がないのよ」

「記憶喪失にでもなったのか? 嘘ばかりつくなよ」

「ねえ、教えて」

「石山昭雄」

「イシヤマアキオ‥‥‥わかった。わたしのお爺さんよ、あなたは」

「あんた、やっぱり狂ってるな」

 ラーラは片手を胸に当てて昭雄を見ている。

「あなたに面白いものを見せてあげるわ。ついてらっしゃい」とラーラは言うと山奥の方に歩き出した。

「何だい? 面白いものって」昭雄は立ったまま、ラーラの後ろ姿に尋ねた。

「何してるの? 怖いの? 早く来ないさいよ」

 ラーラは後を振り返りもせず、さっさと歩いて行く。昭雄は彼女に吸い込まれるかのように彼女の後を追った。




酔中画2-Y043




15




 西の空に三日月がいる。

 山の中の細道をラーラと昭雄が並んで歩いている。月の光で昭雄の影はできるがラーラの影はない。

 昭雄はラーラの横顔を見た。彼女は何かを考えているような顔をしていた。

「あんた、頭はちょっとおかしいけど、わりと美人だね」

「ありがとう」とラーラはニッコリと無邪気に笑った。「あなた、奥さんを殺して来たんでしょ?」

「何言ってんだよ」昭雄には、とても彼女の話の飛躍にはついて行けない。

「俺はまだ独り者だよ」

「そう、まだ殺してないの」

「俺は気違いじゃないぜ。人なんか殺すわけないだろう」

「ところが殺すのよ」

「殺すわけない」

「あなたは奥さんを殺すの」とラーラは決めつけた。

「そうかい‥‥‥俺はあんたが殺したくなってきたよ」

「それは無理よ。わたしはまだ存在してないもの」

「俺の前に実際にいるじゃないか」

「あなたがいると思ってるだけよ」

「それじゃあ何か、俺はこんな山の中で一人芝居をしてるわけか? それじゃあ、まるで、俺は気違いじゃないか」

「そうかもね‥‥‥でも、もしかしたら、あなた自身も存在してないんじゃないの。ただ、いると思い込んでるから、いるだけなのよ」

「ふん」と昭雄は言うとラーラの肩を抱いた。

「やっぱり、ちゃんと存在してるじゃないか」

「あなたがいると思っている限り、わたしは存在してるわ」

「しかし、随分、冷たいな」

「人間じゃないもの」

 昭雄は薄気味悪くなって、ラーラから手を離す。おびえたような目でラーラを見る。

「怖がらなくても大丈夫よ。あなたを食べたりしないから」とラーラは昭雄の肩にさわる。

「ちょっと待ってくれよ」と昭雄はラーラの手を払う。「本当に食べないでくれよ」

 ラーラはニコニコしている。

「一体、俺をどこに連れて行くつもりだ?」

「血の池よ」





目次に戻る      次の章に進む