酔雲庵

陰の流れ

井野酔雲







応仁の乱




 時代は乱世へと向かって行った。

 寛正五年(一四六四年)、女の子ばかりで跡継ぎの男の子のいなかった将軍、足利義政は僧となっていた弟の義尋(ぎじん)を無理やり還俗(げんぞく)させて、義視(よしみ)と名乗らせ養子とした。

 ところが、翌年、夫人の日野富子が長男義尚(よしひさ)を生んだ。義政としては早く将軍職を義視に譲って、自由の身になって風流を楽しみたかったのに、富子は反対した。絶対に自分が生んだ義尚を将軍にさせたかった。




 足利義政は永享八年(一四三六年)正月に六代将軍義教(よしのり)の次男として生まれた。次男だったため、将来は僧侶となり静かな一生を送るはずだった。ところが、『恐怖の将軍』と恐れられた六代将軍義教が播磨の守護、赤松左京大夫満祐(みつすけ)に暗殺されてしまった(嘉吉の変)。七代将軍には義政の兄、義勝がわづか八歳で後を継いだが赤痢にかかり、十歳で急死してしまう。そこで、当時八歳だった義政が細川右京大夫勝元を後見人として将軍職の後継者となった。

 宝徳元年(一四四九年)、十四歳で元服した義政は征夷大将軍に任命された。正式に八代将軍になったとしても、将軍とは名のみであった。すでに政権は側室の今参局(いままいりのつぼね)、側近の有馬兵部少輔持家、烏丸准大臣資任らに握られ、管領(かんれい)の細川右京大夫勝元も好き勝手な事をしていた。

 二十歳の時、義政は慣例により日野家から富子を正室に迎えた。当然のように、今参局派と日野富子派が争うようになった。

 富子を迎えて五年目に富子は男の子を産んだ。今まで、女の子ばかりだったので義政は喜んだ。しかし、つかの間、その子はすぐに死んでしまった。その子が死んだのは、今参局が呪い殺したとの噂が広まり、義政は怒り、今参局を琵琶湖の沖の島に流した。富子はそれでも許せず、義政に今参局を死刑にしてくれとせまり、今参局は琵琶湖に向かう途中で自殺した。

 今参局がいなくなると日野富子とその兄、日野権大納言勝光、政所執事(まんどころしつじ)の伊勢伊勢守貞親が力を持ち、政権を動かすようになった。また、実力者として管領の細川勝元、嘉吉(かきつ)の変で赤松氏追討の功をたて、八ケ国の守護職を持つ山名宗全(そうぜん)入道もいた。これらの人々に囲まれ、将軍義政は成す術もなく翻弄されていた。

 細川勝元は父、持之が死んだ時、まだ十三歳だった。当時、幕府内で力を持っていたのは畠山左衛門督持国だった。勝元は畠山氏に対抗するために、勢力を伸ばしつつあった山名宗全と結び、宗全の娘を嫁に貰い、宗全の力で管領職に就く事もできた。しかし、政敵であった畠山持国が死ぬと、勝元と宗全は対立するようになって行った。

 この頃、赤松氏の遺臣らによって赤松家を再興しようという動きがあった。勝元はそれに手を貸す事にした。赤松氏の旧領、播磨(兵庫県南西部)、備前(岡山県南東部)、美作(岡山県北東部)は、山名氏のものとなっていたが、領内にはまだ、赤松氏の残党が隠れ潜み、山名氏に反抗していた。勝元は赤松氏を助け、彼らを扇動する事によって山名氏の勢力を弱める事ができると考えた。

 赤松氏は将軍義政の許しを得て、満祐の弟の孫の次郎法師丸(ほっしまる)が当時まだ四歳だったが家督を継ぎ、再興された。山名宗全は怒り、勝元との対立は深まって行った。

 また、勝元には後継ぎがなく、宗全の末っ子、七郎豊久を養子としていたが、嫡男の政元が生まれると豊久を勝手に出家させてしまった。宗全は怒り、豊久を環俗させて手元に引き取った。

 二人の間の溝はますます深まって行った。

 日野富子は男の子が死んだ後に、二人の子供を産むが二人とも女の子だった。

 義政はもう男の子はできないだろうと弟の義視を後継ぎにしたのだった。これには細川勝元の策略もあった。勝元としてはこの後、富子が男の子を産んで、益々、日野家が勢力を広げて行くのを抑えたかった。義政としても、うるさい連中に囲まれた不自由な将軍職を早くやめて、自由の身になりたかった。

 将来、男の子が生まれても赤ん坊のうちから僧にして将軍には絶対にしない、という誓書まで義政から貰った義視は将軍に成るべき準備を進めていた。

 ところが、翌年、富子が男の子を産んだのだった。義尚である。義政も今度こそはと、男の子を可愛いがった。義視との約束があったにしろ、富子がそんな事を承知するはずはなかった。

 ここに、将軍職をめぐる義視と義尚との対立が始まった。

 細川勝元は義視の後見人となっていた。富子はそれに対抗するために山名宗全を頼った。

 義政は義視と富子の間に挟まれ、答えを出さないまま、その問題を細川勝元と山名宗全とに任せてしまった。

 それに加え、三管領家のうちの畠山氏、斯波(しば)氏が、それぞれ相続問題で二つに分かれて争っていた。

 幕府首脳部は足利義視を頭に置き、細川右京大夫勝元、畠山左衛門督政長、斯波左兵衛佐義敏、赤松兵部少輔政則という一派と、日野富子の子、足利義尚を頭に置く、山名宗全、畠山右衛門佐義就(よしなり)、斯波治部大輔義廉(よしかど)の一派とに、完全に二つに分かれた。

 文正二年(一四六七年)、正月から京の上御霊社を舞台に畠山政長と畠山義就が合戦を始めた。この合戦は一応、中立の立場を守ろうとする将軍義政の命を守り、山名宗全も細川勝元も動かず、義就方の勝利という形で終わった。

 その後、二月、三月は京の町も何事も起こらず、不気味に平和だった。

 三月五日に応仁と改元され、四月になると、両派はひそかに兵を集め始めた。

 五月になり、播磨(兵庫)、伊勢(三重)、尾張(愛知)、遠江(静岡)、越前(福井)など、地方において、細川派が山名派への攻撃を開始した。

 京では五月二十四日、細川派が山名派の一色修理大夫義直の屋敷を焼き払い、室町御所の幕府を手中に入れた。そして、二十六日早朝より両軍は上京の地域で正面衝突をした。細川派は勝元邸を本陣とし、山名派は宗全邸を本陣とした。この時の陣の位置から細川派を東軍、山名派は西軍と呼ばれた。

 東軍には細川氏、畠山左衛門督政長、斯波左兵衛佐義敏、赤松兵部少輔政則、武田大膳大夫信賢、京極大膳大夫持清、富樫次郎政親ら、西軍には山名氏、畠山右衛門佐義就、畠山左衛門佐義統、斯波治部大輔義廉、六角四郎高頼、一色修理大夫義直、土岐左京大夫成頼という面々が顔を見せていた。

 東軍の兵力は十六万一千五百余騎、西軍の兵力は十一万六千余騎だったと言われている。

 六月になると、勝元は将軍義政より宗全討伐の命を受ける事に成功し、東軍は官軍となり、足利義視を総大将として陣中に牙旗と呼ばれる将軍の旗を高々と上げた。東軍は勢いに乗って攻めに攻め、西軍は辛うじて、これを支えていた。

 七月になると、西軍の大内周防介政弘が北九州と山陽地方の大軍を率いて入洛し、形勢は逆転した。不利になった勝元は形だけでも整えようと、天皇と上皇を室町御所に移した。将軍と天皇を擁した東軍だったが、八月になると形だけでも東軍の総大将だった義視が伊勢の国司、北畠氏を頼って京を飛び出してしまった。敵対する日野富子、日野勝光、伊勢貞親らと共に暮らすのに嫌気がさし、身の危険も感じたからであった。

 その後は、あちこちで決戦が行なわれたが決着はつかず、睨み合ったまま年を越した。

 この合戦で、多数の寺社、公家や武家の屋敷、民家などが焼き払われ、特に京都北部はまったくの灰燼と化した。

 戦が長引くにつれて両軍の軍勢が続々と入京し、物価は上昇し、食糧難となり、あちこちで土倉や酒屋(共に高利貸し業)が襲撃された。

 『京中悪党』や『足軽』と呼ばれる傭兵たちが好き勝手に暴れ回っていた。彼らは京都周辺の浮浪者や没落農民たちである。一揆や戦になると傭兵となって働くが、武士としての意識はまったくなく、敵のいる所は避け、いない所を狙っては放火し、自由勝手に略奪を繰り返していた。彼らのお陰で、京の混乱はますます大きくなって行き、応仁の乱と呼ばれる、この戦は東西の決着が着かないまま続いて行った。






上御霊社




陰の流れ第一部 陰流天狗勝の創作ノート

1主要登場人物 2風眼坊舜香 3伊勢新九郎 4飯道山 5松恵尼 6飯道山門前町 7花養院 8望月屋敷 9智羅天の岩屋 10北畠氏 11登場人物一覧




目次に戻る      次の章へ進む