酔雲庵

陰の流れ

井野酔雲

創作ノート




風眼坊舜香の略歴




1432年 備中の国、荏原荘で郷士の三男として生まれる。 1歳
1438年 この頃より武術を習う。 7歳
1449年 5月 伊勢新九郎(18)と共に故郷を出て、京の都に行く。 18歳
10月 新九郎と別れ、関東に旅立つ。
腹をかすかして倒れるが、熊野の山伏に助けられる。
1450年 熊野で山伏になって修行を積む。 19歳
熊野の山中の村で、目を患っているお光と出会う。
1451年 本草学の修行をして、お光の目を治療する。 20歳
飯道山の親爺と会い、飯道山に来る。
1452年 飯道山の剣術師範になる。
高林坊火乱坊栄意坊と共に四天王として活躍する。
21歳
花養院の松恵尼(19)と出会う。
1453年 伊勢新九郎、飯道山に来て修行を積む。 22歳
1454年 百地弥五郎(16)、飯道山に来る。 23歳
栄意坊、飯道山を下り、旅に出る。
12月 新九郎、飯道山を下りて京都に戻る。
1455年 飯道山を下り、火乱坊と共に旅に出る。 24歳
火乱坊と別れ、お光のもとに帰る。
1456年 10月 長男、光一郎生まれる。 25歳
1457年 吉野、葛城山、飯道山をフラフラ。 26歳
奈美(松恵尼)の農家に始めて行く。
高林坊、飯道山を下りて葛城山に帰る。
1458年 2月 長女、お風生まれる。 27歳
1460年 10月 ひょっこりと京都に現れる。《寛正の大飢饉》 29歳
1461年 7月 京都で7年振りに、新九郎と再会する。 30歳
1461年

1466年
山城の国で一揆衆と共に戦う。 30歳
↓ 
35歳
1464年 5月 戦場で怪我をした金比羅坊を助ける。 33歳
1467年 1月 応仁の乱、始まる。京都で戦を傍観。 36歳
1468年 五ケ所浦で太郎と出会う。 37歳
1469年 4月 太郎を連れて、飯道山に行く。 38歳
栄意坊と共に四国まで旅をする。
故郷、備中に帰る。




創作ノートの目次に戻る