酔雲庵

陰の流れ

井野酔雲

創作ノート




北畠氏



・北畠教具 ・政郷 ・材親 ・晴具 ・具教
1423-1471 1449-1508 1468-1517 1503-1563 1528-1576




村上源氏 割菱の紋


1383年 2代目国司顕泰(1361-1402.42歳)、正2位権大納言、右大将に叙任される。
霧山城の下に『多気御所』を構え、南勢四郡の玉丸・阿坂・神山・藤方・木造の諸城と大和の宇陀郡の沢、秋山両城を支配。
北伊勢では地侍の木俣氏ら北勢48家、中伊勢では平家の血を引く関氏一族が、鈴鹿から神戸一帯を、安濃郡ではやっと再興した長野家が、武威を振るう。
伊賀四郡では仁木氏滅亡で、土豪がはびこり、群雄割拠の有り様。
1392年 南北両朝合一する。
1393年 足利義満、伊勢神宮参拝。北畠、足利両家の同盟成立。
1398年 和泉の国堺で大内義弘、反乱を起こし、顕泰、出兵し義弘を討つ。
顕泰の嫡子、満泰、戦死。甲賀郡、伊賀の半国、北畠氏の所領となる。
1402年 3代目国司満雅、弟の顕雅を大河内城に、雅俊を木造城に分家する。
満雅、多気から一志郡の阿坂城に移る。
1412年 4代将軍義持、両朝廷迭立を破り、小倉宮親王、北畠氏を頼って伊勢に下る。
1414年 幕府は土岐持益を総大将に仁木満長、世保康政、坂内城主、北畠俊泰ら5万の大軍を伊勢に向ける。
満雅、坂内城を攻め、裏切り者を処分。
一族の木造俊泰、幕府軍に投じ、土岐軍の案内をする。
幕府軍、阿坂城を攻めるが、落城させる事はできず、城攻めを断念して、京に帰る。
満雅、京に伊賀、甲賀の者を潜入させ、幕府批判を言い触らす。
1428年 称光天皇が逝去すると、またも、北朝の彦仁王が帝位につく。
小倉宮親王、またもや、伊勢に下る。
土岐持頼、幕府の命を受け、出陣。一色義貫、京極氏、赤松氏、山名氏も参加。
北畠満雅、1万の兵を率いて阿坂城を出る。
北畠満雅、自刃。
B4代目国司教具、6歳で跡を継ぐ。
阿坂城侍大将、鳥屋尾岩見守、水谷浅右衛門、戸木村羽野の宮田源之丞、須賀瀬の渡辺善介、家城の家城主馬。
霧山城侍大将、野呂帯刀、横山仁兵衛、岡田左馬助、村岡三河守。
大河内城主、北畠顕雅(満雅の弟)。
木造城主、木造少将雅俊( 〃 )。
垂水、藤方、小森上野(津市)、一志郡内の榊原、八田、天花寺、曽原、船江、波瀬、岩内、大淀城(松坂)、鈴鹿、安濃両郡の関、神戸、今徳、椋本、林、萩野、岡本、安濃郡の長野、雲林院。
幕府内部の事情からか、土岐、京極、山名、赤松の幕府軍、鈴鹿峠から撤退。
1429年 土岐持頼、またも攻めるが、大和、宇陀の被官、沢城主の秋山右近将監、沢隼人正、芳野宮内少輔の『大和三人衆』、津の藤方城の藤方刑部らの兵に攻められ、敗走する。
1430年 北畠教具(8)、赤松満祐の計らいで、将軍義教と謁見する。将軍より教の字を授かる。正三位右中将・参議に任じられる。
1440年 義教は伊勢守護世保泰政を解任し、北畠氏を任ずる。
1441年 義教、伊勢神宮参拝する。
嘉吉の乱、義教、赤松満祐に殺される。
赤松満祐の嫡子、教泰(19)、北畠氏を頼り、伊勢に落ちのびる。丹生俣の草庵に匿われるが、妻や家来66人と共に自殺する。
1452年 北畠教具(30)、上京し、将軍義政と謁見する。娘たちを関一族の神戸下総守、安濃郡の長野氏に嫁がせ、守りを固める。
1458年 教具(36)、従二位になる。
1460年 教具の嫡子、政郷(12)、従五位上に昇任。
1467年 1月 応仁の大乱、始まる。
8月 足利義視が北畠氏を頼り、伊勢に来る。教具、丹生の里(多気郡勢和村)に迎賓館を建てる。
1468年 6月 教具、木造城を制圧。白子城、若松城、柳城、林城を陥落させる。楠原城も攻め落とし、守護の世保康政(39)は神戸城で切腹。
9月 義視、京に帰る。
1469年 8月 教具、上京して、権大納言に任ぜられる。
1471年 3月 教具(49)、多気の都で没する。





◇北畠軍団 B三副将‥‥‥玉丸、大河内、坂内の三御所(三城)。
 《馬上100騎(将校)が、侍600人と歩兵400人を従える》
B四将‥‥‥‥波瀬、岩内、藤方、木造の四御所(四城)。
 《馬上50騎を含む侍300人、小者200人を支配》
 《木造御所は別格で、馬上100騎、侍500人、小者400人》
・三家士‥‥‥矢下、森本、方穂の三家。
 《100〜200人の軍卒を抱える》
・大和、宇陀の被官、沢、秋山の両城が各1000騎。
・芳野城が500騎。
・北伊勢は地侍の『四十八家』
・中伊勢では関氏、神戸氏、雲林院氏、長野氏。
・阿坂城‥‥大宮入道含忍斎父子
・家城城‥‥家城主水一族
・川口城(白山町)‥‥中山丹後守
・榊原城(久居市)‥‥榊原一族
・藤方城(津市)‥‥藤方刑部
・今徳城(安濃町)‥‥奥山常陸允
・三宅城(鈴鹿市)‥‥三宅駿河守
・椋本城(芸濃町)‥‥野呂豊後守
・船江城(松阪市)‥‥本田一族
・三木城(尾鷲市)‥‥三鬼伊賀守
・伊賀国.名張‥‥下山甲斐守、安保若狭守
・細野城(美里村)‥‥細野雅楽守
・草生城(安濃町)‥‥草生式部少輔







霧山城址1 霧山城址2 霧山城址3 多気御所跡
霧山城址 霧山城址 霧山城址 多気御所跡



創作ノートの目次に戻る